婚活期間が長期化するひとの特徴

ブラボー沖縄WEBスタッフのマキです♪
早いもので今年も5月になりました。
婚活をされている方は、いつ頃から開始しましたか?

私を含め、周囲にいる婚活者を見ると最も多いのが
およそ一年前後で、婚活を卒業された方たちです。

もちろん婚活を始めて数か月で
スピード結婚したという方もいらっしゃいますが
これは極めて稀な例だと思います。

それよりも婚活を始めて数年目と、長期化している方が
スピード婚タイプに比べて多いのが現実です。

婚活疲れという言葉もある位、
婚活そのものに疲れてしまう男女は少なくありません。

ですが、婚活が長期化してしまった方達の中には
婚活がうまくいかない状況に慣れてしまい
なんだか居酒屋の常連さんのように
その場で生き生きと過ごしている方も見受けられます。

それはそれで ”居場所がある” 幸せでもあるのですが
当初の目的に対する意識が薄れてしまっているようです。

婚活そのものが目的ではありませんよね。
その先にある結婚が目的なのですから
結果を出して行きたいと誰もが思っているはずです。

この長期化させてしまう方達に、共通するある特徴があります。
それは『どうしても譲れない条件があること』です。

●小さな条件だけれども、その数がやたらと多いひと

一見、理想が高い印象は受けません。
それぞれ々の条件はそれほど難しいものではありませんから。
「普通のひとでいいんです」と仰ることもあるでしょう。

ですがそれら「ふつう」が、全て揃っているお相手となると
該当者がだいぶ狭まってしまうのが現実です。

●条件の数は少ないけれど、該当するお相手が少ないひと

条件はたった1つだとしても、
それに該当する人自体が少ない場合がこちらです。

「ひとりっ子なので、転勤の無い職業のお婿さんになれる人」
「少なくとも15歳以上年下の女性」
「自分の家族と同じか、同レベルの大学卒である方」

結婚相談所でお見合いを組む場合でも、なかなか難しい条件ですね。

もちろん、いずれの場合もご本人が絶対に譲れないと思うのであれば
条件を変える必要はありません。

ただし婚活期間が長期化する覚悟だけはしてくださいね。
そうでないと、心が折れちゃいますから・・・(^_^;)

婚活の長期化を防ぐには、短期集中と決めて頭とからだ(予定)を
婚活モードにスイッチングするのもお奨めですよ。

現在募集中のパーティー一覧はこちらをご覧ください♪

それではWEBスタッフのマキでした。また来週お会いしましょう!