婚活パーティーで損をする 3つのパターン

ブラボー沖縄WEBスタッフのマキです♪
今週は婚活パーティーで損をする
『3つのパターン』について
お話したいと思います(^o^)

パターンその1:特定のお相手へ一途に進むひと

一見、一途なことは良いことの様に感じます。
そういう一途な想いを扱った
青春映画や恋愛映画も多いですよね。

でもそれは長い時間をかけ
お互いを理解できる日常で起る
恋愛だからこそ、活かされるものなのです。

婚活パーティーでは、多数の方と
決められた時間内で接することしか出来ません。

その状態で「相手を特定できた」とすると
見た目や年齢、または収入や学歴など
条件だけで決めたのではないでしょうか?

そういう条件の高いお相手ほど
条件だけで迫ってくるお相手に敏感で
嫌味なく鮮やかにスルーしたり
自然に距離を置くよう振る舞われています。

婚活パーティーでは沢山の方に目を向けて
出来るだけ「平等に」接することが
遠回りの様で、マッチング成立の近道に
つながることを、くれぐれもお忘れなく!

パターンその2:自虐的で自己評価が低いひと

意外と少なくないのが、こちらのタイプで
男女とも同じ位の割合でいらっしゃるでしょうか。

お相手の方があなたのプロフィールを見て
趣味や仕事など話題をふってくれたのに
こんな返し方をされる方が時々いらっしゃいます。

「もっとすごい人がいますから・・・」
「誰にでも出来ることですから・・・」

このように、会話のキャッチボールを
自分から止めてしまっては勿体ないですね。

謙遜しているのかもしれませんし
実際、もっとレベルの高い方はいるかもしれません。

ですが、お相手が会話をつなげようとしているのに
そこを絶ってしまうのは、失礼にあたりますし
お相手をイライラさせてしまう可能性があることをお忘れなく(;´∀`)

パターンその3:表情に乏しいひと

婚活パーティーでは会話が重要となりますが
芸人さんの様なリアクションをする必要はありませんし
面白い返しをする必要もありません。

その代わり、ほんのちょっと表情を動かすことで
ずいぶんと会話が和やかに進みます。

表情を動かすとは、頬を少し上げて
口角を上げるだけで穏やかな笑みになりますよ。

相手の話を聞くときは、ほんの少しだけ
顔を上下にゆらして頷くのも良いですね。

これらで「あなたの話を聞いていますよ」という
聞き上手になることを意識してみましょう(*´ω`)

いかがでしたか?
今回のパターンで身に覚えのある方は
次回からぜひ意識してくださいね。

現在募集中の婚活パーティーの一覧は
こちらからご覧ください♪

公式ページから申込みを行い
アンケートをご入力頂いた方には
500円のキャッシュバックがございます☆

それではWEBスタッフのマキでした。
また来週お会いしましょう!