そのこだわりが婚活を難しくする

ブラボー沖縄WEBスタッフのマキです♪
さて今週はバレンタインデーですね
皆さんはあげたり貰ったりの予定はありますか?

最近では義理チョコだけでなく
女性同士で贈る友チョコも一般的なものとなり
単なる「チョコを贈りあうイベント」となりつつあります

もちろんチョコレート好きな方にとっては
一年で最も種類が沢山出揃う時期ですから
自分のご褒美に買うのも良いですよね

会社で配る義理チョコはちょっと面倒ですけど
お歳暮みたいなものだと思えば
そう悪い風習でもないのかなと思います

ところが、中にはチョコレートを貰うのは
迷惑だと捉える方もいらっしゃるようです

義理でもらっても嬉しくないとか
嫁がやきもち焼いて困るとか(幸せ者!)
お返しを考えるのが面倒くさいとか
そういった理由もあるでしょう

甘い物がもともと苦手な方もいらっしゃいますが
最近では少し違った理由の方が増えてきました

それは『糖質制限』をしている場合です
病気で糖質制限をしているわけではなく
炭水化物を含めた糖質をカットし
筋トレ等で体を鍛えていらっしゃる方ですね

こういうのはイベントだから・・・と
たまの嗜好品として頂く方もいらっしゃいますが
食べる物は徹底的に管理している方も少なくありません

その場では「ありがとう」と笑顔で受け取っても
結局食べることはないそうです

もちろん、差し上げた方も悲しいですが
受け取った方も心苦しいそうで
でも、食べるわけにはいかないとのこと

糖質制限に関わらず何かを
ストイックにされている方は
相手に対しても自分と同じぐらいの
レベルを求めてしまいがちです

そのこと自体が悪いことではありません
何かをストイックに続けられる
探求心や集中力は素晴らしいことです
大半の方にはなかなか出来ないことですから

そう「大半の方には出来ない」
ここが婚活にとってはネックとなります

親と過ごした時間よりも長く続く結婚生活では
どちらが相手に対して我慢をしたり
常に頑張り続けなければならない状況は
お互いに疲弊してしまうものです

自分と同じぐらいのこだわりを持つ方と
出会うまでに時間が必要となることを理解し
どっしり構えて焦らずに活動してくださいね

今回は糖質制限の方を例にあげましたが
あなたにはどんなこだわりがありますか?

現在募集中のお見合いパーティーの一覧は
こちらからご覧ください♪

今年からアフターフォローサービスを
ネットから受付できるようになりました。
お電話では申込づらいという方は
是非ネットからお申し込み下さい。

それではWEBスタッフのマキでした。
またお会いしましょう!